百人一首暗記アプリ5選!ゲーム感覚で使って暗記のモチベーションを上げよう!

百人一首の暗記は、記憶力の向上に役立つとされています。市立中学校では、百人一首の暗記を宿題に出すこともしばしば。

しかし、ただ暗記することが苦手なお子さんは少なくありません。そこでおすすめなのが、暗記アプリです。スマホやタブレットを使い、ゲーム感覚で百人一首に親しむことで、暗記のモチベーションを上げられます。

そこで本記事では、小中学生のお子さんにおすすめの百人一首暗記アプリをご紹介します。

百人一首を暗記できるアプリ5選

お子さんが百人一首を暗記するのに、おすすめのアプリを厳選しました。

いずれも 小中学生にとって使いやすい機能とデザインを備えたアプリです。それぞれ効果的な使い方もご紹介するので、ぜひご覧ください。

① 百人一首 初めてかるた

(C)App Store

チャマメというネコと一緒に、百人一首を覚えられる暗記アプリです。 百人一首に慣れて覚えるための「かるたに慣れる」モードと、 チャマメと対戦できる「チャマメと対戦」モードの2種類を搭載しています。

アプリのガイド役としてチャマメがいることで、 キャラクターと会話しているような感覚でアプリを楽しめるでしょう。

【百人一首 初めてかるたの効果的な使い方】

「かるたに慣れる」モードと「チャマメと対戦」を交互に使い、実践と復習を自然に行なうのがポイントです。

「かるたに慣れる」モードでは、歌を読んだ後に分かりやすい言葉で意味を解説してくれます。歌の意味が分かることでより理解が深まり、暗記しやすくなるでしょう。小さいお子さんには、意味をより砕いた言葉で教えてあげることをおすすめします。

また、 チャマメが教えてくれる上の句と下の句の頭文字を取った語呂合わせも、暗記に役立ちます

  • 対応OS:android2.3以上、iOS 6.0以上、macOS 11.0以上
  • 価格:0円または400円(完全版)
  • 課金:なし

App Storeからダウンロード

Google Playからダウンロード

② 百人一首 読み上げで暗記

(C)App Store
  • 対応OS:android5.0以上、iOS 14.2以上、macOS 11.0以上
  • 価格:無料
  • 課金:なし

実践で百人一首を暗記したいタイプのお子さんにおすすめです。このアプリはインストール後、簡単な出題設定をするだけですぐにかるたを始められます。出題設定では出題範囲や、取り札を覚える時間を調節可能。

復習は 「資料」タブで歌と札、作者を確認できます。操作方法が非常にシンプルなので、誰でも使いやすいのが魅力です。

なお、無料版は読み上げ機能がありません。iPhoneではまだ無料版しかリリースされていませんが、後に完全版もリリースされるそうです。

【百人一首 読み上げで暗記の効果的な使い方】

androidでは 読み上げ機能のついたバージョンの利用をおすすめします。耳なじみの良い女性の声による読み上げは、耳からも暗記を促してくれるでしょう。

なお慣れない内は出題範囲を狭く設定し、取り札を覚える時間を「長め」に設定して練習するのがおすすめ。慣れてきたら出題範囲を広げ、 「力試し」モードにもチャレンジしてみましょう。

App Storeからダウンロード

Google Playからダウンロード

③ 百人一首チャレンジ

(C)App Store
  • 対応OS:android6.0以上、iOS 12.0以上、macOS 12.0以上
  • 価格:無料
  • 課金:なし

小学校高学年や中学生のお子さんにおなじみの、 赤い暗記シートで上の句と下の句を覚えられるアプリです。

「暗記シート」というモードを使うと、任意で上の句や下の句を隠した状態の歌が表示されます。

メニュー画面ではテンポ感の良いBGMが流れ、「サバイバル」モードのクイズでは熱いBGMが採用されています。

暗記というとつい単調な作業になりがちですが、 本アプリは曲や効果音によって、モチベーションが続きます

【百人一首チャレンジの効果的な使い方】

暗記シートである程度歌を覚えてから、「サバイバル」モードで知識を確認しましょう。

サバイバルモードは タイムアタック形式で、下の句を4つの選択肢から選ぶというもの。正解数に応じてハイスコアが記録され、称号が与えられるのもポイントです。

より難易度の高いモードとして「全問制覇」モードもあります。復習と実践を繰り返しながら、自己ベストの上昇を目指しましょう。

App Storeからダウンロード

Google Playからダウンロード

④ 覚えよう!百人一首

(C)App Store
  • 対応OS:android4.1以上、iOS 8.0以上、macOS 11.0以上
  • 価格:無料
  • 課金:なし

5秒のタイムアタック形式で、上の句に対応する下の句を選択する形式の暗記アプリです。かるたを取るのとは違い、4択問題でサクサクと解いていけるのが特徴。

出題範囲は10首ごとに区切られており、 苦手な歌は「My問題集」に入れて集中的に覚えられます。

出題時や正解時には効果音も鳴り、ワクワクしながらゲーム感覚で百人一首を暗記できます。

10題中3題を間違えるとHPがなくなり、ゲームオーバーという形になる使用も、子ども心をくすぐります。

【覚えよう!百人一首の効果的な使い方】

どんどん問題を解いていきましょう。トライアンドエラーを何度も繰り返すことで、正解が体に刷り込まれていきます。

ただし本アプリは 四択形式のクイズしかないため、予備知識がない場合はなかなか正解できず、モチベーションが続かない可能性もあります。

百人一首に触れたことがないお子さんは、 あらかじめ別のアプリや教科書、かるたの実物などで予備知識を持ってもらうと良いでしょう。

また、タイムアタックやゲームオーバーが苦手なお子さんは、タイマー機能やHPの減少をOFFにもできます。

App Storeからダウンロード

Google Playからダウンロード

⑤ さくさくおぼえられる百人一首暗記帳

(C)App Store
  • 対応OS:iOS 8.0以上、macOS 11.0以上
  • 価格:無料
  • 課金:なし

ゲーム要素はなく、 暗記に特化したアプリです。単語帳のようなアプリをお探しの方におすすめ。

使い方は非常にシンプルで、 順に表示される上の句に対応する下の句を自分で思い出し、答え合わせするというものです。

合っていなければ歌を下にフリックすることで、My暗記帳に登録されます。苦手な歌を集中的に暗記できる点が魅力です。

【さくさくおぼえられる百人一首暗記帳の効果的な使い方】

テンポよく問題に答えられるよう、数をこなしましょう。できないものはMy暗記帳に登録して、何度も復習するのがポイントです。

App Storeからダウンロード

まとめ

百人一首の暗記におすすめのアプリを紹介しました。長くアプリを続けるには、使いさすさやゲーム感覚で楽しめるかどうかが重要です。ぜひ、自分やお子さんにとって楽しく始められるアプリを選んでみてください。