【中学生向け】5教科全てを無料で勉強できる便利なアプリ5選!

「授業の復習や定期試験のために、5教科全てを一つのアプリで対策したい!」

そんな中学生の方はいませんか?

今回は、そんな 中学生向けに5教科全てが無料で勉強できてしまうアプリをご紹介します。

5教科全てを無料で勉強できる便利なアプリ5選

これから紹介する勉強アプリは、すべて無料で5教科の勉強ができるものばかりです。

ただし、アプリによって学習方法や課金の有無など特徴が異なります。

ぜひ、自分が求めている学習方法に近いアプリを探してみてください。それでは、早速見ていきましょう。

 ClearnoteTry ITBestflipマナビミライ(中学生向け)高校入試ターゲット
価格
無料
無料
無料
無料
無料
対応OS
iOS
Android
Androidのみ
iOS
Android
iOS
Android
iOS
Android
特徴・大学合格者が実際に使用した受験ノートを公開
・定期試験、受験、資格試験に幅広く対応
・分からない問題はユーザー同士で解決できる
・1動画約15分のショート動画
・自分が受けたい科目の授業が受けられる
・使用している教科書に合わせた授業が受けられる
・一度の単語登録で単語帳・四択問題どちらにも使える
・CSVファイル(エクセルでも作れる)をインポートして単語登録できる
・小学生~大学受験、定期試験や漢検、英検に幅広く対応
・学習モードは4つあり自分に合わせて学習できる
・3択出題形式でゲームのように学習可能
・英語のリスニング機能あり
・学習状況と達成度が確認できる
課金
課金詳細プレミアムノート見放題プラン:480円/月
-
-
ライフ無限や広告非表示機能などのプレミアム会員:480円/月
-

①Clearnote

(C)App Store
  1. 対応OS android6.0以上、ios14.0以降
  2. アプリの価格 無料
  3. 課金の有無
    プレミアムノート見放題プラン:480円/月
  4. 収録教科・科目:数学・英語・現代文・古文・漢文・物理・科学・生物・地学・世界史・日本史・地理・現代社会・政治・経済など
  5. 収録問題数 公開ノート40万冊以上

【Clearnoteの特徴】

(C)App Store
  • 大学合格者が実際に使用した受験ノートを公開
  • 定期試験、受験、資格試験に幅広く対応
  • 分からない問題は ユーザー同士で解決し合える

【Clearnoteのおすすめの使い方】

Clearnoteは、中学生から大学生まで、定期試験や入試など幅広い目的・年齢層で利用できます。

5教科だけでなく、世界史、日本史、漢文、古文、物理、化学なども用意されており、ユーザーが好きな科目を学習できます。

操作は公開されているノートを検索するだけなので非常に簡単です。

またQ&A機能やノートの共有機能もあるので、友人と勉強したい人にもおすすめです。

公開ノートからのインプットだけでなく、Q&A機能の活用や、自分のノートを公開するなど、アウトプットの場としても利用することができます。

基本的に無料で利用できますが、月額480円を支払うと、通常月額120円のプレミアムノートを全て閲覧することができます。アプリ1本で勉強したい方におすすめです。

②Try IT

(C)Google Play
  1. 対応OS:android6.0以上
  2. アプリの価格:無料
  3. 課金の有無:なし
  4. 収録教科・科目:英語・数学・理科・地理・歴史・公民・高校国語
  5. 収録問題数:4,000以上の授業動画

【Try ITの特徴】

  • 1動画約15分のショート動画のため隙間時間にも勉強可能
  • 自分が受けたい科目の授業が自由に受けられる
  • 自分が使用している 教科書に合わせた授業が受けられる

【Try ITのおすすめの使い方】

「Try IT」は、学習塾トライが始めた無料学習動画アプリです。

中学生・高校生の学習に特化しており、5教科4000本以上の中から自分が受けたい授業を自由に視聴できます

最大の特徴は、 自分が使っている教科書を登録ができる点です。そのため学校の進捗やテストの範囲に応じ学習ができます。

さらに、 動画は約15分で見終わるものばかりですし、 再生速度を1.4倍に早めることもできるため、隙間時間の勉強もおすすめです。

以上のことから、自宅で勉強したい方や授業や塾で分からなかった点を復習したい方に向いています。

③Bestflip 

(C)App Store
  1. 対応OS android5.0以上、iOS 11.0以降
  2. アプリの価格:無料
  3. 課金の有無:なし
  4. 収録教科・科目 ― 

【Bestflipの特徴】

(C)App Store
  • フリック操作一つで記憶度合いの分類が可能
  • アーカイブ機能で効率的に記憶できる
  • 一度の単語登録で単語帳・四択問題どちらにも使える
  • CSVファイル(エクセルでも作れる)をインポートして単語登録できる

【Bestflipのおすすめの使い方】

Bestflipの特徴は、効率的に単語を覚えられることです。そのため、どんな教科の勉強にも使えます。

おすすめなのは 記憶度の分類とアーカイブ(保存)機能を使う方法。単語帳を繰り返しテストして、 間違わなくなった単語からアーカイブしていきましょう。

アーカイブされた単語は一覧から見えなくなりますので、苦手な単語だけが残ります。

記憶度を分けておいて、苦手な単語を知っておくだけでも効果的です。

また、 エクセルでも作れるCSVファイルを作成すれば、一つずつアプリに単語を登録しなくても単語帳を作れるので時短になります。

なお、 CSVのインポート方法はこちらのページで詳しく説明しています。

【徹底解説】Bestflip単語帳のcsvファイルインポート方法

通学時間に手軽に使えて、単語帳を作る時間も短縮できるため、空いた時間を別の勉強に回せるのもポイント。

どの強化でも、暗記をするときにはBestflipを使ってチャレンジしてみてください。

④マナビミライ

(C)App Store
  1. 対応OS:android5.0以上、ios11.0以降
  2. アプリの価格:無料
  3. 課金の有無:あり
    ライフ無限や広告非表示機能などのプレミアム会員:480円/月
  4. 収録教科・科目
    【中学】国語・地理・歴史・公民・数学・理科・英語
    【高校】古文・漢文・世界史・日本史・現代社会・倫理・政治経済・英語
  5. 収録問題数:約3万問

【マナビライの特徴】

(C)App Store
  • 小学生~大学受験、定期試験や漢検、英検に幅広く対応
  • 学習モードは4つあり自分に合わせて学習できる
  • 学習の記録機能あり

【マナビライのおすすめの使い方】

「マナビライ」は、幅広い年齢層、目的に対応できる学習アプリです。特に 中学生向けコンテンツは5教科すべて勉強できるため中学生におすすめです。

マナビライでは「暗記カード」「クイズ」「プレーヤー」「問題リスト」の4つの学習モードから自分が行いたい学習方法を選べます。

さらに、何をどれだけ学習できたか記録されるため、 自分の苦手な分野を可視化しやすく、効率的に勉強可能です。

使い方としては、定期的に学習記録を振り返りつつ、4つの学習モードを活用して全ての教科をバランスよく進めていくような学習がおすすめです。

⑤(中学生向け)高校入試ターゲット

(C)App Store
  1. 対応OS:android6.0以上、ios11.0以降
  2. アプリの価格:無料
  3. 課金の有無:なし
  4. 収録教科・科目:英単語英熟語・数学・漢字語句文法・理科・社会
  5. 収録問題数:約4,600問

【(中学生向け)高校入試ターゲットの特徴】

(C)App Store
  • アプリ独自の3択出題形式で ゲームのように学習可能
  • 英語のリスニング機能あり
  • 学習状況と達成度が確認できる

【(中学生向け)高校入試ターゲットおすすめの使い方】

「(中学生向け)高校入試ターゲット」は、アプリ名の通り中学生に特化した完全無料の学習アプリです。

旺文社刊行の「高校入試でる順ターゲット」シリーズが開始したアプリのため、 書籍に応じた独自の3択クイズで学習が進められます

また、不正解の問題を解きなおせたり、学習状況や達成度が記録できたりと、苦手な問題や学習の見落としを防げる機能も豊富です。

さらに 英語のリスニング機能もあるため、発音の確認やリスニング試験に向けた学習もできます。教科書を出しにくい移動時間などの隙間時間の活用におすすめです。