日本史を一夜漬けで攻略する覚え方とは?短時間で効率的に成績アップする方法を紹介!

定期テストはもうあと数日まで迫っていて大ピンチ!そんな状態の学生の方も多いかもしれません。

中高生の中には英語や数学といった主要科目に時間を割きすぎてしまい、日本史の勉強がおろそかになってしまうケースもあるでしょう。

理想を言えばもちろん計画的に勉強を進めておくことが最も重要です。

しかし今回は あくまで目先の定期テストを乗り切る、一夜漬けに使える勉強法をご紹介します。

一夜漬けでぎゅっと日本史の内容を覚えていきましょう!

日本史を一夜漬けで攻略する覚え方

まず、大前提として考えて欲しいのが、無駄な時間は一切ありません。なんせ今からの限られた時間でテストを戦い抜こうという訳ですから時間は強く意識しましょう。

日本史一夜漬けの覚え方①自分で暗記一問一答を作る

そこで実行して欲しいのが、自分が覚えられない語句や赤線・太字など 重要な語句だけを一問一答にして覚えてしまうという作戦です。

例えば、自分の覚えられない単語が「磨製石器」だとして「石を削って造られた、主に弓矢の矢じりなどに使われた石器は?」なんていう問題を作ってみる。

そして、解答のところを赤文字で隠せるようにするのです。

最近は紙の単語帳だけでなく、 アプリでも一問一答を自由に作れますのでぜひ活用してみてください。詳しくはこちらの記事もご覧ください!

単語帳アプリおすすめ11選!レビュー★4.0以上を超厳選!

一問一答を作るメリットは大きく分けて2つ。

まず一つ目は、自分の苦手に絞って暗記ができるので 時間の無駄をカットできるという点。

もう一つは、 頻出の問題文の形を覚えられることです。

単語だけを覚えていてもテストでは解答が出来ません。しかし、 問題文と答えに見覚えがある場合、理屈なんて知らなくても反射的に解答が出来てしまいます
(さっきの例で言うと、矢じり・石器という二つの単語を見ただけで、磨製石器が出てくる領域)

一度に持っていける暗記量が多い一夜漬けの形式、そして定期テストでは範囲が決まっているのですから、問題文までも覚えてしまう方が早いですよ。

日本史一夜漬けの覚え方②教科書を音読する

次に実践していただきたいのが 「教科書の音読」です。時間は限られているため、とにかく 準拠の教科書を完璧にすることが重要で、色々な問題集には手を出さないのが賢明です。

教科書の基礎基本に絞っていれば8割近くがとれるように、定期テストは作られています。そこを完璧にするのが最も時間対効果がいいですね。

人間の暗記は全身を使えば使うほど定着しやすいです。 教科書を声に出して読んでいれば、口や耳など色んな神経が動くため覚えやすいのは言うまでもありません。
眠気防止にもなります。

教科書を通読すれば流れをそのままインプットできるほか、強引に記憶を促すことも可能。

そして短期記憶では最も重要な方法になってきます。そのため、ひたすら声に出して読みまくりましょう。

決してスマートな覚え方ではないですが、「1192年、鎌倉幕府。1192年、鎌倉幕府」と何度も繰り返していれば嫌でも覚えます。
こちらもまずは赤線・太字など重要なところを中心に。

効果的な音読方法についてはこちらで詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

暗記に役立つ!音読の効果的なやり方を紹介!口に出すだけは効果半減?

日本史一夜漬けの覚え方③問題集を永遠に回す

最後に実践していただきたいのが 「問題集を徹底的に回す」ことです。

こちらは、①や②であげたような方法でまずは語句や内容を理解してからになりますが、やはり問題を解くのが一番賢くなります。
そして、 ポイントは同じ問題集を何度も繰り返すこと

人間は何回も見たものほど、重要だと錯覚し、暗記が定着します。

特に中学生の方は、学校のテストはワークを中心につくられています。何度も繰り返し解き、問題そのものすら覚えてしまいましょう。

日本史を一夜漬けで攻略する覚え方④一夜漬けでも睡眠はとる

一夜漬けと言えばやはり勉強した内容がそのまま明日のテストに出るという点が魅力。

「今日一日は寝ないでどうにかしてやろう」と意気込む学生さんも多いかもしれません。

しかし、 睡眠を一切取らないで暗記だけをして一晩を過ごしてしまうのは逆に悪影響も大きいです。大きく分けて理由は二つ。

まず一つ目は 翌日のコンディション的な問題です。

一日寝ないというダメージは想像以上に大きく、体調を崩したり眠気が襲って来たりという次の日の悪影響があることは容易に想像できるでしょう。

さらに ウイルスなどへの免疫が下がったり、一時的に発熱をしてしまったり。特に 今のご時世に体調を崩すのはデメリットが大きく、絶対に気を付けたいです。

もう一点は、睡眠をとることで暗記力が上がる、という実利的な観点からです。

成績を伸ばすには、なにも勉強に触れ続ければいいという訳ではありません。睡眠も勉強の内なのです。

というのも、 人間の脳みそは、寝ている瞬間に暗記をしていきます

一日に起こった出来事や、脳みその中にインプットしていった内容を、睡眠の内に脳みそが勝手に仕分けして、不要なものを忘れて必要な物を脳みそに定着させる。

そういった働きを知らず知らずのうちにしてくれています。(脳科学的に実証済み)

これは一夜漬けにおける短期記憶でも同様です。

単純にテストの直前に見ていた内容だから覚えやすい上に、この 暗記定着の働きによって知識が定着しやすいのです。

特に定期テストの場合は受験範囲も限られており、的を絞った勉強が可能です。

さらに日本史は暗記教科ですので、このような突貫工事的な勉強法が刺さりやすいです。

できれば 前日でも7時間寝ることをおすすめします。 どうしても時間がないという人でも3時間は寝るようにしましょう。

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございました。

一夜漬けの勉強論について解説してきましたが、どれにも共通しているのは「無理やり詰め込む」という要素。

単語をひたすら書き、音読し、問題を解きまくる。正直、短期記憶に理屈はありません。

テスト本番、いかに脳みそという箱に知識を詰め込んでいけるか。その一点だけに集中をしましょう。

(受験などを見据えた長期的な記憶をするなら、いわゆるエピソード記憶的なスマートなやり方が適切ですが!)

特に日本史のような暗記科目は、一晩の頑張りでいくらでも成績を上げられます。気合いを入れて頑張っていきましょう。